--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/08/14.Sun

8月13日 MTG スタンダード大会

久しぶりにスタンダードの大会に出てきました。
参加人数は、8人でスイスドローの3回戦でした。

使用デッキは迷ったのですが、もうすぐ基本セット2011と、ゼンディカーブロックがスタンダード環境から落ちてしまうので、黒赤吸血鬼デッキを使用しました。
デッキ内容は、以下の通り。

<デッキ60枚>
【クリーチャー(28枚)】
・吸血鬼の列断者×4
・臓物の予言者×2
・鼓動の追跡者×2
・恐血鬼×4
・カラストリアの貴人×4
・マラキールの門番×4
・吸血鬼の呪詛術士×4
・オキシド峠の英雄×2
・躁の蛮人×2


【その他(10枚)】
・稲妻×4
・コジレックの審問×3
・喉首狙い×3


【土地(22枚)】
・竜髑髏の山頂×4
・黒割れの崖×4
・溶岩爪の辺境×3
・新緑の地下墓地×3
・沼×8

<サイド15枚>
・喉首狙い×1
・サディストの聖餐×4
・四肢切断×2
・強迫×2
・躁の蛮人×2
・電弧の痕跡×4


前に出た新宿PWCの時とあまり変わりませんが、「饗宴と飢餓の剣」に対抗するために、「躁の蛮人」をメインから入れてみました。
また、ヴァラクートデッキ対策に「サディストの聖餐」をサイドに入れてみました。土地やタイタンを除去できれば面白いと思っています。


以下結果です。

≪1回戦目 vs白青コントロール≫
1戦目:○
相手がノーンの別館を2枚出してきて、もの凄い面倒な状況になったのですが、何とか殴り勝ちました。

2戦目:○
相手が「審判の日」を引けず、「呪文滑り」、「石角の高官」、「前兆の壁」を並べて硬直状態になっていたときに、こっちが「オキシド峠の英雄」を引き、パワー1以下の生物をブロックできない状況にし、他の生物と一緒に殴っていっきに13点くらいダメージを与え、殴り勝ちました^^


≪2回戦目 vs黒青吸血鬼≫
1戦目:○
同系統対決。大会に出ると大抵1回はあるんですよね・・・
「マナ漏出」を1回だけ打たれたものの、先制攻撃持ちの「吸血鬼の呪詛術士」と「オキシド峠の英雄」で場を制圧し、殴り勝ちました。

2戦目:○
吸血鬼デッキ対決のサイドin後は、除去の打ち合いになることがほとんど。
「電弧の痕跡」がある分こっちが有利に試合を進め、無事勝ちました。


≪3回戦目 vs赤単≫
1戦目:○
相手が土地事故を起こして、そのまま勝ちました。

2戦目:×
サイドから、「電弧の痕跡」などの除去を入れたのですが、こっちが除去を引けず、逆に相手の「よろめきショック」でテンポを取られ、「板金鎧の土百足」、「槌のコス」で殴られて負けました。

3戦目:○
2戦目での反省を踏まえ、サイドから「強迫」を投入。
1ターン目に「強迫」を打ち、相手の「電弧の痕跡」を落とし、今度はこっちが、「電弧の痕跡」→「マラキールの門番」とテンポを取り、勝つことができました。



【感想】
3戦3勝で、なんとか優勝することができました^^
黒赤吸血鬼デッキで初の優勝です!!規模は小さかったですが、今まで使ってきた相棒であるデッキで優勝できて良かったです。
スポンサーサイト
MTG | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。