--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/09/20.Tue

9月19日 MTG スタンダード大会

スタンダードの大会に出てきました。
参加人数は、10人でスイスドローの3回戦でした。
たまには、ちがうデッキも使ってみたいと思い、今回はテゼレットコントロールで参加しました。
デッキ内容は、以下の通り。

<デッキ60枚>
【クリーチャー(3枚)】
・墓所のタイタン×2
・真面目な身代わり×1

【その他(32枚)】
・定業×4
・マナ漏出×4
・乱動への突入×1
・蔑み×3
・迫害×1
・黒の太陽の頂点×2
・喉首狙い×2
・破滅の刃×1
・ボーラスの工作員、テゼレット×3
・胆液の水源×3
・マイコシンスの水源×3
・転倒の磁石×3
・殴打頭蓋×2

【土地(25枚)】
・島×2
・沼×6
・闇滑りの岸×4
・水没した地下墓地×3
・忍び寄るタール坑×3
・地盤の際×3
・墨蛾の生息地×2
・ファイレクシアの核×2

<サイド15枚>
・瞬間凍結×3
・迫害×2
・喉首狙い×2
・破滅の刃×2
・記憶殺し×3
・吸血鬼の夜鷲×3



以下結果です。

≪1回戦目 vs殻デッキ≫
1戦目:○
相手の殻が出て来ず、でかい生物も出てこなかったので、「墓所タイタン」と「ボーラスの工作員、テゼレット」で制圧して勝てました。

2戦目:×
相手がブン回りして、「囁く者、シェオルドレッド」に繋げられて負けました。

3戦目:×
「胆液の水源」が2枚ハンドにあるから大丈夫だろと、青マナなしでスタート!!
この安易なプレイのせいで、次々と引く青のカードが腐って、何もできず負けました。。。
これは酷いプレイ・・・


≪2回戦目 vs黒単≫
1戦目:○
相手の「ファイレクシアの抹消者」、「墓所のタイタン」と、こちらの「殴打頭蓋」、「墓所のタイタン」が睨めっこの状態が続き、ゲームが硬直しましたが、「ボーラスの工作員、テゼレット」+「墨蛾の生息地」コンボで2回殴って勝ちました!

2戦目:○
相手が「サディストの聖餐」を使ってきましたが、何とかカウンターを持っていたので打ち消しの成功!
こちらのキーカードの「ボーラスの工作員、テゼレット」や「墓所のタイタン」を追放してしまいたかったようです!
その後、こちらが「蔑み」で相手の「墓所のタイタン」を落として、逆に「墓所のタイタン」を展開!!
一気に勝負をつけました。


≪3回戦目 vs緑青流転の護符≫
1戦目:○
相手は「極楽鳥」、「水蓮のコブラ」からのマナブーストや、「流転の護符」で大きな生物を出すデッキ!
「極楽鳥」、「水蓮のコブラ」を除去し、大きい生物をハンデスなどして上手くコントロールすることができ、勝つことができました!

2戦目:○
打ち消しが来るかと思ったのですが、1枚も飛んで来なかった!
1戦目と同じような展開になり、勝つことができました!


【感想】
結果は、2勝1敗でしたが上位には入ることができませんでした!
殻デッキに歯が立たなかったのが悔しい・・・
2戦目に「サディストの聖餐」を使われて思ったのですが、これって殻に刺さるんじゃないかな~!!3、4ターン目に打てたら、相手は嫌がるはず!!
うぅ~ん、デッキもサイドもプレイングもこのデッキはまだまだなので、もう少し練り直す必要がありますね!!
スポンサーサイト
MTG | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。